思考停止なボク。

MUSIC【新】SERVICE

ブロガーが新しいサービスを紹介するブログ。

Law and Theoryとは?無料で弁護士に相談できる?使い方や登録方法は?

スポンサードリンク

f:id:december1etk:20180211102217p:plain

 

今回は、新サービス『Law and Theory』について紹介していきます!

新サービス『Law and Theory』は弁護士水口瑛介代表のボランティア団体だという。

 

じゃあ、その『Law and Theory』サービスの内容は?と気になるところ。

他にも、『Law and Theory』の使い方や登録方法は??

 

などの気になるところをまとめてみましたので、参考にしてみてください!!

 

 

スポンサードリンク
 

 

Law and Theoryとは?

Law and Theoryとは?と気になっている人も多いと思う。

そんな『Law and Theory』について自分なりに調べてみることに、

 

『Law and Theory』のサービス内容は、

「楽曲を制作したのに報酬を支払ってもらえない」「ライヴイベントの出演費が約束した金額と違った」といったアーティスト/ミュージシャンならではのトラブルに対し、弁護士に無料相談できる団体『Law and Theory』が誕生した。

引用 音楽専門の無料法律相談所『Law and Theory』がスタート – FLOOR

といった感じのサービス内容になっている。

音楽のアーティストたちは、不遇な企業側の対応などを弁護士の力を借りて一緒に戦ってくれるサービスだという。

 

スポンサードリンク
 

『Law and Theory』使い方や登録方法は?

『Law and Theory』の使い方はものすごくシンプルで簡単です。

無料法律相談フォームというのがサイト内にあるので、そこからメールで問い合わせる。

 

『Law and Theory』に問い合わせた後には、弁護士と相談することが可能。

・直接会っての相談。
・メールまたは、スカイプでの相談。

 

弁護士と無料相談ができる時間は30分〜1時間程度。

『Law and Theory』の問い合わせページにも書いてありますが、

 

問い合わせメールは出来るだけ具体的な内容にすることをお勧めします。

無料ですが、時間に制限もあるため有意義に弁護士と話を進めるには重要だと思いますし、マナーでしょう。

 

『Law and Theory』の問い合わせページはこちら▼

 

law-and-theory.com

 

スポンサードリンク