思考停止なボク。

MUSIC【新】SERVICE

ブロガーが新しいサービスを紹介するブログ。

IoTブラジャー"EVA"の開発者『ジュリアン』乳がんの早期発見で、多くの女性を救う。

スポンサードリンク

 

f:id:december1etk:20180524124656p:plain

今回は、IoTブラジャー"EVA"(エヴァ)について紹介していきます!

IoTブラジャー"EVA"がTwitterトレンドになっていて、まさかの19歳の青年が開発したという。

そんな社長である19歳青年の名前が『ジュリアン・リオス・カントゥ』というみたい。

 

 

🙏

Julián Ríos Cantúさん(@julianrioscantu)がシェアした投稿 -

 

そのIoTブラジャー"EVA"のサービス内容ってどういったものなのか?と気になるところ。

 

『IoTブラジャー"EVA"ってどう使うの?』f:id:december1etk:20180510110212p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

IoTブラジャー"EVA"はどのように乳がんを発見するのか?

 乳がんは腫瘍が発生する際、その部分に血液が大量に送られることで感触が変化し、体温も上昇するという。EVAのアルゴリズムは、これらの変化に敏感に反応し、同じ状況が継続すれば、乳がんリスクが高いとしてユーザーに病院での診察をアドバイスする。

引用 乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か (1/2) - ITmedia NEWS

 

IoTブラジャー"EVA"のアルゴリズムによって、乳がんの発見をするという。

また、IoTブラジャー"EVA"の開発者の19歳の青年がなぜ?このような乳ガンを発見できる製品を開発するのが出来たのか?と気になって調べてみると。

 

どうやら、開発者”ジュリアン・リオス・カントゥ”の母が乳がんになり、切除したことから開発に踏み切ったという。

きっと、19歳の彼のストーリーとIoTブラジャー"EVA"の魅力で、世界に普及することを考えると意義深い。

 

スポンサーリンク

 

10代が活躍できる時代。

f:id:december1etk:20180524125426p:plain

最近、10代の起業家のニュースが多くみられる。

日本であれば、17歳の高校生”山内奏人”が1億円の資金調達をした。

クレカ決済アプリ「ONE PAY」をリリースし、今後、普及が期待されている。

 

このように、10代で社会にも出ていない人たちが活躍できる時代が来ている。

思考が凝り固まっておらず、新しい発想と若いエネルギーで次々と創造していく姿がカッコいい。